正社員として採用してもらえない原因は?

正社員として採用してもらえない原因は、本人の意識にあるでしょう。
実際に、その会社で働いて何を達成したいのか、どう貢献できるのかがちゃんと決まっていないため、志望理由が抽象的すぎて、面接でも印象に残らないのでしょう。
反対に、やりたいと強く思える仕事が見つかって、熱意をぶつけたら、学歴も関係してくるかもしれませんが、正規の社員として合格する確率は上昇するでしょう。
会社員から公務員に職を変えることは出来うることなのでしょうか?結論を言えば可能となります。
実際、会社員として働いていて公務員に転職した方は数多くおられます。
ですが、転職したからといって収入アップに繋がるとは限りません。
会社員の方が高い給料だったなんてこともあるので、その辺りをしっかり見極めてから転職をする方が良いでしょう。
派遣で転職理由は書類選考や面接の場合に非常に大事です。
相手が認める事情でないと低い評価となります。
しかし、派遣で転職した理由を聞かれても上手に説明することができない人も多いことでしょう。
かなりの人が履歴書を書いたり面接を受ける時に、この転職理由を説明するのに困ります。
転職に有利な資格の合格しておくと、想定外の事態に陥った場合にも安心ですね。
そんな資格として例えば、TOEICがあります。
TOEICは、自己の英語の能力を証明する資格になります。
グローバル化が進んでいる今日、ある程度の英語力を有する人材を希望する企業の数が非常に多くなってきました。
どのような業界でも英語力の高い人材を求めているので、派遣で転職するに際して、非常に有利な資格だといえます。

LEC公務員講座の種類と試験対策!【難易度・合格倍率は高い?】