子ども手当と給食費について

あなたは、子ども手当と給食費の関わりについてどのように思いますか?その仮定の下で、どういう形で行われるべきだったのかという議論は、よく交わされています。 最近、たくさんの小中学校で給食制度が導入されています。

しかし、この給食費を支払わない家庭が増えている問題が、かなり浮上しているのです。 厄介なのは、生計が立てられないほど生活に困窮しているから支払わないのではなくて、支払いたくないから支払わない理由で、未納になっている場合が多発している点です。ただ、これに関しては、給食費と学費を個別にしている制度上の問題もあるのです。 給食はある種の学校行事のようなものです。

家庭や生徒が望んでいるからしているサービス的なものではなく、学校の方針として、給食制度が採用されているのです。そういう意味では、NHKの受信料に近いものがあるかもしれませんね。 結果、支払いを拒否する家庭が出てきてしまいます。もし、子ども手当を現金支給ではなく、給食費の無料化に使えば、そういう問題を一気に解決できたと思うのです。

とはいえ、給食費の平均は、月4,000円程度で、公に一度26,000円、13,000円という金額を支給するとした以上は、そこへの移行は困難だというのが現状なのです。