フラット35sエコ打ち切りになった?

フラット35sを利用して、高性能エコ住宅の購入を検討したいですね。
2015年2月9日から、フラット35の金利を条件付きで引き下げる、フラット35sの受付が始まりました。
この金利引き下げの予算には限りがあり、打ち切りの可能性があるものです。
発表では、2016年1月29日までと期間を設けていますが、予算を使いきったらその日を待たずに受け付け終了となるのです。
今現在迷っているなら、早めに対応することをおすすめします。
フラット35sでは、住宅の適合基準が更に引き上げられています。
ですから、コストがかかるかもしれませんが、これだけの金利引き下げを受けることが出来るのなら、適合基準に見合う建物にすることで住みやすい高機能住宅になるのなら損は無いですよね。